リトリート樹海さんぽ2018新緑

  • 2018.07.20 Friday
  • 22:25

富士山麓の魅力の一つである「樹海」を訪ねてきました。

 

新緑が綺麗なこの時期に、ヨガのインストラクターさんも

同行していただき、鳥のさえずりしか聞こえない森の中で、

3000年の歴史を感じながら、美味しいmoguさんのお弁当

を食べ、木村さん手作りのスウィーツを食べ、たっぷり癒されてきました。

その時の様子を写真を中心にご紹介します。

 

インストラクターの奥野さんより周辺の湖などについて説明をいただきました。

奥に見えるのは本栖湖です。

 

森に入る前、足元についた種子などをはらい、外来種などを持ち込まないなどの

説明をいただきました。こうゆう小さな気遣いが、この大自然を守ることに繋がる

んですね。

 

森に入ると「苔女子」にはたまらないパラダイス!が拡がっていました。

まるでアイドル! たくさんの貴重な苔たちに遭遇

 

木が歩いているような形をした根っこ。でもしっかり生きているんです。

 

足元にはいろんな植物たちが生活していました。

 

ほどなく「富士風穴」に到着。日本の近代化を支えた養蚕事業にも

この風穴が大きく寄与していた話はNHK番組「ブラタモリ」でも

紹介されていましたね。

 

奥野インストラクターの説明は面白くて分かりやすいと好評です。絵がかわいい!

 

そしていよいよ3000年前の噴火で出来た樹海エリアへ。明らかに雰囲気が異なります。

 

そこは下草がなく歩きやすい地面に巨木が林立する不思議な世界

鳥のさえずりしか聞こえないこの中で、井出インストラクターの

導きでヨガを行いました。

肺の奥の奥まで綺麗になったような爽快感、身体が喜んでいるのが分かります。

無理をしないで気持ちの良い程度に身体をストレッチ。呼吸が整いとにかく気持ちが良いのです。

 

身体がほぐれたところでmoguさんのお弁当をいただきました。

スウィーツは今回も木村さんの手作り。偶然にもムササビがかじった木の葉が
お菓子の横に写っていました。

 

葉っぱを二つに折って食べる習性があるからこんな形の食べ跡になるのだそうです。

 

場所によっては光が差し込み「意外と明るい」樹海の中です。

 

人の大きさから巨木であることが分かりますね。

 

そんな森の精霊たちと記念撮影

誰ですか?妖怪たちってささやいてる人は( ´艸`)

ツインピークス? 

ブナの巨木です。どれだけの時間と経験を経てこんなに大きく

育ったんだろうと思うと、今の自分がちっちゃく思えました。

 

「リスの食卓」みっけ! 

周囲を見渡せる切り株などの上に、リスが食べた松笠がまるでエビフライのように見えます。

 

巨木の倒木

まるで森の中に大きなクジラが横たわっているように見えます。この木も朽ちて

次の命の栄養になるわけで。森の中ではまったく無駄なものはありません。

 

 

巨木の左側が3000年前の噴火で出来た樹海(大室山)、右側は1000年まえの噴火で出来た樹海

 

訪ねたのは「現在地」の大室山周辺

 

富士山の麓の素敵な、そして貴重な自然に心も身体も癒されました。

ここでも命の「繋がり」を実感することが出来ました。

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM