リトリート樹海さんぽ2018紅葉

  • 2018.12.09 Sunday
  • 20:58

2018年10月21日(日)

これ以上ないくらいの晴天のもと

紅葉に染まる富士山麓の「樹海」を訪ねてきました。

 

 

今回もヨガのインストラクターさんに同行していただき

この時期にしか見れない景色と空気を身体いっぱい体感

してきました。

 

3000年前に流れた溶岩と1000年前の噴火で流れた溶岩が

ぶつかり合う場所では、不思議なパワーも体験することが

出来ました。また、磁力を帯びた溶岩も見つけることが出来ました。

 

そして今回も、美味しいmoguさんのお弁当を食べ

木村さん美味しい手作りのスウィーツを食べ

たっぷり癒されてきました。

 

その時の様子を写真を中心にご紹介します。

 

素晴らしい天気に恵まれました

 

奥野リーダーによる樹海内のガイドは好評です

 

どうしてこんな樹形になったのでしょうか

 

温かいハーブティーでのおもてなし

 

板根のある巨木

 

3000年前の噴火で出来た樹海にこんな巨木が林立しています

 

ホコリタケ?でしたっけ? 押すとパフッって吹き出ます。ご注意ください。

 

キノコたちがたくさん生えています これナメコかな

 

樹海の中でも、特にこの時期は光が差して綺麗です

 

樹海に差し込む光が綺麗

 

一般的な樹海のイメージはこんな感じですかね

 

でも全ての樹海が暗いわけではないのです

 

 

磁気を帯びた溶岩

 

鳴沢ジュラゴンノ

 

吹き抜け型溶岩水蒸気噴気孔

 

ランチ moguさんのお弁当

 

広い芝生広場でのヨガ

 

同じポーズのはずなんですが・・・

 

富士山に見守られながらのヨガはとっても爽快でした

 

参加者に「ポーズが綺麗ですね」と誉めたらヨガのインストラクターでした💦

楽しい時間を皆さんと共有できました。

 

ガイドの奥野さん、ヨガインストラクターの井出さん

今回もありがとうございました。

こころのサロンVol.9

  • 2018.11.11 Sunday
  • 22:18

第9回目の「こころのサロン」は

2018年10月28日に

順天堂大学医学部病理・腫瘍学の

樋野興夫教授

お招きして開催されました。

 

スペシャルゲスト:

樋野興夫(ひの おきお)教授

 

いい覚悟で生きる」「がん哲学外来へようこそ

がんばりすぎない、悲しみすぎない」などの著書多数。

がん患者やご家族のための「言葉の処方箋」

として有名な樋野興夫教授が、ご縁あって

「こころのサロン」に遊びに来てくださいました。

 

当日は順天堂大学保健看護学部の公開講座

「がんとともに生きるいき方」

 

に講師として三島を訪ねておられた樋野先生は

お疲れのところサロンに足を運んでくださいました。

 

 

当日は順天堂大学看護学部の学園祭が開催されていました

 

「講演」スタイルではなく、皆さんの輪の中に入っていただき、

先生のお話をお聞きすることができました。

 

「〇〇はどうしてか知ってる?」

 

一人一人の質問に丁寧に、ゆっくりとした口調で語られる先生の世界に

皆さんが自然と引き込まれていったのは言うまでもありません。

 

 

樋野先生を独り占めにしている!私たちは何て幸せものなんでしょう。

一歩一歩の皆さんのために気さくに写真撮影にも応じていただき恐縮しました。

 

 

ちょうど一歩一歩の会が下田で「がん教育」の経験をさせていただいた後で

したが、樋野先生は東京都文京区の「がん教育」の委員もされており貴重なお話を

伺うことも出来ました。

 

 

「がん哲学外来とは」

 

マンガで見る「がん哲学外来」

 

 

 

お忙しい中、そしてお疲れの中、お時間をいただき本当にありがとうございました。

 

「一歩一歩 がん哲学外来カフェ」をこの地で開催できた際には「万難を排して

ご参上します」との心強いお言葉もいただきました。

 

 

樋野先生

本当にありがとうございました。

がん教育への協力 20181005

  • 2018.11.09 Friday
  • 21:12

一歩一歩の会では、小学校での「がん教育」に初めてお手伝いさせて

いただきました。その時の様子が朝日新聞(2018年10月15日付朝刊)

に紹介されました。

 

開催場所

下田市立稲生沢小学校

 

開催日

2018年10月5日

 

対象

小学校5年生(23名)

 

「RFLJながいずみ」に参加しました

  • 2018.10.17 Wednesday
  • 22:29

今年も一歩一歩の会では静岡県内で開催されました

2つの命のリレー(ReLay For Life)※に参加しました。

 

※がん患者さんやそのご家族を支援し、地域全体でがんと向き合って

「がん征圧」を目指すチャリティ活動。患者・家族・一般参加者が

チームを組んで、24時間眠らないがんと闘い、命のリレーを繋ぎます。

 

 

RFLJながいずみ

 

2018年9月15〜16日

於:長泉町桃沢野外活動センター

 

 

今年も台風対策から会場設営が始まりました

 

 

先ずは サバイバーズ・フラッグに「手形」を!

 

 

とっても楽しそう!

 

 

良い笑顔!

 

 

RFLJ静岡でお友達になったパメラさんもチームIPPOのメンバーとして参加

 

 

出来たばかりの2019年版オリジナル富士山カレンダーに加え

 

 

黄色いマフラータオルを販売。光ものは今年も大好評でした。

 

 

オープニング・セレモニー

 

 

サバイバーズラップ スタート

 

 

高橋実行委員長の生歌でサバイバーズラップ 感動!

 

 

今年もこの場所に来れたことに感謝!

 

 

皆と一緒に歩ける幸せ

 

 

笑顔が弾けます

 

 

手を繋いで

 

 

今この瞬間に感謝

 

 

皆と一緒なら大丈夫

 

 

笑顔!笑顔!笑顔!

 

 

黄色いマフラータオルが自慢です

 

 

がんばれ自分 負けるもんか

 

 

富士山で点灯して来たルミナリエ・バッグが再び気持ちを点灯

 

 

交流も夜もどんどん深まります

 

 

 

幻想的な森の中のRFL

 

 

 

エンプティテーブルの周りにはあの人の写真入りのルミナリエ・バッグ

 

 

エンプティ・テーブルを囲んで

 

 

ルミナリエ・セレモニー

 

 

 

思いのこもったルミナリエ・バッグが一晩中点灯します

 

 

 

 

 

共に歩き 共に語る 2日間

 

 

 

 

一緒に富士山に登ってきたルミナリエ・バッグと記念撮影

 

 

何を叫んでいるのでしょう(笑)

 

 

一歩一歩の会の歌姫 

相方のSさんもきっと会場に来ていたはず

 

 

 

皆が一緒なら寂しくないね

 

 

遠方から仲間も駆け付けてくれました

 

 

やっぱりリアルに会うことは心が通じます

 

 

共にゆっくりと前を向いて歩きましょう

 

 

一人じゃないんだ 一緒に歩く仲間がいるんだ

 

 

今年もマムさんのパスタは絶品でした

 

 

普段はなかなか話せない 

いろんなことをお話しできました

 

 

2日目

 

 

今日も朝を迎えられたことに感謝

 

 

「作品」も完成しました

 

 

思いを描きました

 

 

鐘を鳴らしてもう一周

 

 

もうファミリーです

 

 

女性に囲まれ、ちょっと照れるT氏

 

 

フィナーレ

 

 

募金がこんなに集まりました

 

 

皆で繋がる

 

 

繋がる

 

 

命のリレーの輪

 

 

実行委員の皆さんに感謝!ありがとうございました。

 

 

また来年も皆さんと一緒に歩きましょう

 

 

一歩一歩の会

 

RFLJ静岡に参加しました

  • 2018.10.17 Wednesday
  • 20:13

 

今年も一歩一歩の会では静岡県内で開催されました

2つの命のリレー(ReLay For Life)※に参加しました。

 

※がん患者さんやそのご家族を支援し、地域全体でがんと向き合って

「がん征圧」を目指すチャリティ活動。患者・家族・一般参加者が

チームを組んで、24時間眠らないがんと闘い、命のリレーを繋ぎます。

 

RFLJ静岡

2018年9月8〜9日

於:静岡県立大学芝生園地

 

台風接近による悪天候のため、会場が県立大学構内になりました。

一歩一歩の会は「静岡県対がん協会とその仲間」チームとして参加しました。

今年は2019年版オリジナルカレンダーとマフラータオルを販売

会のメンバーから手作り品も好評でした。

売上の一部はRFLJ静岡に寄付されました

サバイバーズラップ スタート

子ども達がシャボン玉で応援してくれました

他のチームも入り乱れての「ハイ ! チーズ」

今年もこの場所に来れた喜びが爆発!

チームごとのウォーク 

雨の中でもウォークゾーンを上手に作ってくださり快適でした

今年つくりましたマフラータオル(黄色)が緑のTシャツに良く映えました!

染ではなく「ジャガード織り」の高品質・今治タオル 裏も綺麗です

建物の中は空調が効いて快適でした

交流はどんどん深まります

 

ムーランさんに誘われて「のの字体操」のモデルに!

体操が終わったら空には虹が!まるで私たちを祝福するかのように

そしてホールでは「ルミナリエ・セレモニー」が厳かに執り行われました

エンプティ・テーブルにはきっと卒業された仲間たちが来ていたはず....

そのままサイレント・ウォーク 

こんなに静かに皆さんと歩くなんて初めて! 

この展開が素晴らしかった。実行委員さん、お見事でした

「HOPE」と点灯されています

既存のモニュメントを活用しての会場設営は素晴らしかった

たくさんのルミナリエ・バッグの点灯 

時折降る激しい雨にもめげず点灯していました

 

クラウドファンディング

  • 2018.08.10 Friday
  • 12:45

感謝

お陰さまで初めて挑戦しましたクラウドファンディング(CF)は

目標額を達成することが出来ました。皆様方のご支援に対し

こころより感謝申し上げます。ありがとうございました。

2018年9月1日

https://readyfor.jp/projects/ippoippofujitozan/accomplish_report

 

 

 

患者会として富士登山に挑戦を始めて今年で10年になることを記念して

「マフラータオル」を製作中で、その資金調達のために会としては

初めてクラウドファンディング(CF)に挑戦しています。

 

マフラータオルのデザイン 

 

ReadyForというCFで期間は7月9日から8月31日に実施しています。

 

プロジェクト名は

「富士登山に挑戦、10周年限定タオルで応援!」

https://readyfor.jp/projects/ippoippofujitozan

 

プランは

3000円

 

5000円

 

10000円 

の各プランにそれぞれリターン有りと無しのコース(合計6コース)を設けました。

 

一歩一歩の会がCFに挑戦する目的は、

資金を調達 するだけでなく、一歩一歩の会のことをもっと広く知っていただこうと

会のPR を目的の一つとしています。

 

上記URLにアクセスいただきますと、トップページには富士登山に挑戦2012年の登頂の瞬間の写真がございます。

 

まさかの再発のために直前で富士登山への挑戦をあきらめなければならなかったサバイバーさんが、翌年みごとに登頂された瞬間です。たまたま居合わせた登山者にも祝福されていました。

 

「プロジェクト概要」

「新着情報」

「応援コメント」

 

の3つのタグがあります。

 

新着情報には富士登山の様子をリアルタイムに紹介してあります。

 

応援コメントには「一歩一歩のCF挑戦」について、皆様から熱い応援が寄せられています。

 

是非、アクセスしてみてください。

https://readyfor.jp/projects/ippoippofujitozan

よろしくお願いいたします。

 

朝日新聞(2018年7月24日)に一歩一歩の会の富士登山とCFについて記事で紹介されました。

 

 

  • 0
    • -
    • -
    • -
    • -

    富士登山に挑戦2018

    • 2018.08.09 Thursday
    • 18:57

     

    富士登山に挑戦2018を7月25日〜26日で開催しました。

     

    今年は2008年に海抜0メートルからスタートして富士山頂3776mまでを

     

    たすきで繋ぐ「富士登山に挑戦」(0to3776富士登山)を患者会として始めて

     

    ちょうど10周年となる記念登山でした。

     

    今年は5人のがんサバイバーが挑戦しました。

     

    7月の富士登山の様子を写真を中心にご報告いたします。

     

     

    7月25日(水)見事に晴れました。

    秋山母娘+お腹のお子さんにお見送りいただきました。

    差し入れまでいただき、秋山さん、ありがとうございました。

    水が塚公園にて

     

    今年はサバイバー5名サポーター25名での挑戦です。

    出発前の集合写真 富士宮口新五合目にて

     

    一歩一歩の会のフラッグの左隣りのフラッグは2008年の際に子供たちが

     

    中心になって作ってくれた思い出のフラッグです。

     

     

    スタート前に入念な準備運動 指導は理学療法士(PT)の今関さん

    富士宮口新五合目にて

     

    酸素ボンベ(帝人在宅医療中部様からのご提供)の取り扱い講習

     

    10周年記念登山が始まりました。

     

    1班

     

    2班

     

    3班 with プーさん

     

    富士宮口新五合目は標高2400m ここからのスタートです。

     

    一歩一歩、今日の目的地「赤岩八合館」を目指します。

    五合目から六合目への登山道

     

    6合目に到着。

    ある意味、ここまでがとても大切なウォーク

    大橋代表は毎回つぶやきます。( ´艸`)

     

    今年は陸上自衛隊富士駐屯地曹友会より女性隊員が6名

    サポートしてくださいました。優しくて逞しいです。

    かっけー!

     

     

    慌てず一歩一歩(1班)

     

    初挑戦の方も元気に一歩一歩!(2班)

     

    渡辺さん、御年78歳! 私はこんな人になりたい。(3班)

    富士登山統括リーダーの渡辺さんには3班のリーダーもお願いしました。

    笑顔!笑顔!楽しそうです。

     

    もう標高3000m超えてますが、みんな元気です。

    トイレ・クライシス!間に合ったぁ

    (P岡田 談:Pのサインをされている方)

    (笑) ムードメーカーさんでもあり力持ち!

     

    富士宮ルート八合目にて

    今年も東日本大震災で被災された東北の高校生を支援する「田部井隊」とすれ違いました。

    タレントのなすびさんとも再会。ステキな方ですね。

     

    初日の目的地「赤岩八合館」に全員無事に到着!

     

    本当によく頑張りました。

     

    そして恒例の「お疲れさん会」

    何が楽しいかって、苦労してきた皆さんとの乾杯です。嬉しさが爆発します。

    出発当初はぎこちない会話も、この頃には気分は「家族」みたい!

     

    そして皆さんでルミナリエを設置しました。

    曹友会さんたちの手際が実に素晴らしい!

     

    その日の大きな仕事を全てやり終え、一人ただずむプーさんでした

     

    夕飯はおかわり自由のカレー。いつも美味しい!

     

     

    ルミナリエバッグの点灯

    天に向かって、みんなの願いよ、届け〜!

    静かに登山者の足元を照らしてくれました。とても幻想的。

     

    山小屋では明日にそなえ身体のメンテナンスも。今関PTにはギガ・感謝

     

    夜は10℃以下になるとても寒い八合目。

     

     

    2018年7月25日(木)

     

    夜明け前のドーンパープル色(紫色)からまもなくご来光

    2018年7月25日のご来光

    エネルギーを全身で受け止めるって感じです。

    人も建物も赤く染まります。

    得意の「自撮り」ピース!

     

    山小屋(赤岩八合館)って高い所にあるんですね。標高3300m地点。

     

    雲海が素晴らしかった。東から西へ進んだあの迷走台風・接近の影響なのか?

     

    さぁ2日目の出発。頂上目指すぞぉ!

     

    呼吸を意識して一歩一歩

    決して無理はいたしません。酸素補給も慣れたものです。頂上までもうちょっと!

     

    酸素を吸いながらの登り。頑張りました。

     

    2班 登頂直前!

     

    先頭は3班!見事に登頂!早かったですね。tekoちゃん、さすがです。

     

     

    そして2班!見事な登頂です。

    よく頑張りました!

     

    そして見事に登頂しました!(1班)

     

    全員が無事に登頂することが出来ました!おめでとう。

     

    先についた3班と2班は最高峰の剣が峰へ

    風が強く大変でしたね。

     

    30人全員で集合写真が撮れました。

     

    美女5人も勢ぞろい!よく頑張りました。

     

    そして各班の最強のサポーターたち。感謝!感謝!です。

     

     

     

    富士山の天辺ってこんな感じです。

     

    さぁ下山!これからが大変なんです。

    まだまだ雲の上

     

    「砂走り」を一気に下ります。

     

    宝永火口の縁に出たらもの凄い「強風」 身体を寄せ合って下りました。

    平気そうな顔してますが、結構、強風にビビってます!

    風、強いっす!

    でも宝永火口は綺麗に見えて元気をもらいました。

     

    偶然?必然の出会いがありました。

    頂上からほどなく下ったところで動けなくなっていたおばあちゃんを発見

    なんと3年前にお会いした方でした。1班のサポーターメンバーが5合目まで

    一緒に下りて無事に下山出来ました。これは表彰ものですね。ほんとに!

    富士宮口五合目

     

    この方々が頑張りました。

     

    今年は予定より2時間以上も下山に時間がかかってしまいましたが

    全員無事に下山できたことが本当に良かったです。

    富士宮口五合目にて

     

    最高の仲間たちとの別れは辛いです。本当にお世話になりました。感謝!です。

    水が塚公園にて

    リトリート樹海さんぽ2018新緑

    • 2018.07.20 Friday
    • 22:25

    富士山麓の魅力の一つである「樹海」を訪ねてきました。

     

    新緑が綺麗なこの時期に、ヨガのインストラクターさんも

    同行していただき、鳥のさえずりしか聞こえない森の中で、

    3000年の歴史を感じながら、美味しいmoguさんのお弁当

    を食べ、木村さん手作りのスウィーツを食べ、たっぷり癒されてきました。

    その時の様子を写真を中心にご紹介します。

     

    インストラクターの奥野さんより周辺の湖などについて説明をいただきました。

    奥に見えるのは本栖湖です。

     

    森に入る前、足元についた種子などをはらい、外来種などを持ち込まないなどの

    説明をいただきました。こうゆう小さな気遣いが、この大自然を守ることに繋がる

    んですね。

     

    森に入ると「苔女子」にはたまらないパラダイス!が拡がっていました。

    まるでアイドル! たくさんの貴重な苔たちに遭遇

     

    木が歩いているような形をした根っこ。でもしっかり生きているんです。

     

    足元にはいろんな植物たちが生活していました。

     

    ほどなく「富士風穴」に到着。日本の近代化を支えた養蚕事業にも

    この風穴が大きく寄与していた話はNHK番組「ブラタモリ」でも

    紹介されていましたね。

     

    奥野インストラクターの説明は面白くて分かりやすいと好評です。絵がかわいい!

     

    そしていよいよ3000年前の噴火で出来た樹海エリアへ。明らかに雰囲気が異なります。

     

    そこは下草がなく歩きやすい地面に巨木が林立する不思議な世界

    鳥のさえずりしか聞こえないこの中で、井出インストラクターの

    導きでヨガを行いました。

    肺の奥の奥まで綺麗になったような爽快感、身体が喜んでいるのが分かります。

    無理をしないで気持ちの良い程度に身体をストレッチ。呼吸が整いとにかく気持ちが良いのです。

     

    身体がほぐれたところでmoguさんのお弁当をいただきました。

    スウィーツは今回も木村さんの手作り。偶然にもムササビがかじった木の葉が
    お菓子の横に写っていました。

     

    葉っぱを二つに折って食べる習性があるからこんな形の食べ跡になるのだそうです。

     

    場所によっては光が差し込み「意外と明るい」樹海の中です。

     

    人の大きさから巨木であることが分かりますね。

     

    そんな森の精霊たちと記念撮影

    誰ですか?妖怪たちってささやいてる人は( ´艸`)

    ツインピークス? 

    ブナの巨木です。どれだけの時間と経験を経てこんなに大きく

    育ったんだろうと思うと、今の自分がちっちゃく思えました。

     

    「リスの食卓」みっけ! 

    周囲を見渡せる切り株などの上に、リスが食べた松笠がまるでエビフライのように見えます。

     

    巨木の倒木

    まるで森の中に大きなクジラが横たわっているように見えます。この木も朽ちて

    次の命の栄養になるわけで。森の中ではまったく無駄なものはありません。

     

     

    巨木の左側が3000年前の噴火で出来た樹海(大室山)、右側は1000年まえの噴火で出来た樹海

     

    訪ねたのは「現在地」の大室山周辺

     

    富士山の麓の素敵な、そして貴重な自然に心も身体も癒されました。

    ここでも命の「繋がり」を実感することが出来ました。

    こころのサロンVol.8

    • 2018.07.15 Sunday
    • 22:37

    第8回目となる「こころのサロン」は2018年7月8日に

    2組の語り手ゲストをお招きして開催されました。

     

    語り手ゲスト:

    中村健介さん(ライフコーチ)

     

    世界各国を旅され、その経験を自ら撮られた素敵な写真で

    私たちを世界旅行に連れて行ってくださいました。

     

    中村健介さん
    素敵な風景をご紹介いただくとともに...
    現地での人とのふれあいが心に響きました

    景色を楽しむだけの観光とは異なり、むしろ人との交流を楽しむ中村さんの旅は

    今の私たちに勇気と希望を与えてくださるものとなりました。

    現地の知人との再会・交流は、私たちに言葉も肌の色の違いなど関係ない

    「One World」 な世界観を教えていただきました。

     

    中村さん、ありがとうございました。

     

     

     

    語り手ゲスト:

    御牧由子さん(静岡がんセンターMSW※)

    ※メディカルソーシャルワーカー

     

    御牧さんにはそのご専門のお力を私たちに体感させていただくものとなりました。

     

    (自分のエコマップの作成)

    先ずは真っ白な紙にご自分を生んでくださったご両親の名前を書き、次にご兄弟

    姉妹、ご結婚をされている方や子どもがいる場合は、その関係を家系図的に書いて

    いく手法。「ジェノグラム」と言います。

     

    ご自分のジェノグラムを書いてみる作業を通じて、自分にとって支えになって

    いる人・ものに改めて気がつき感謝の気持ちに満たされることが出来ました。

     

     

    (ポストカードのワーク)

    そして二つ目のワークは御牧さんが用意して下さった「絵はがき」を各自が選ぶ

    ことから始まりました。そして、この絵はがきに自分なりのストーリーを考える

    というもの。御牧さんお気に入りの絵はがきを、たまたま選んだだけなんですが

    皆さんのストーリーをお聞きすると、まるで「絵はがき」が選んでくれたあなた
    を待っていてくれたように感じました。

     

    自分のジェノグラム(家系図)と選んだポストカードの分かち合いを通じて、

    今の自分の存在を見直し、自分という存在の深い理解に繋がる体験をすることが

    出来ました。

     

    御牧さん、素敵な時間をありがとうございました。

    こころのサロンVo.7

    • 2018.06.03 Sunday
    • 21:36

    第7回目となる「こころのサロン」は2018年5月20日に

    2組の語り手ゲストをお招きして開催されました。

     

    五月晴れの楽寿園「梅御殿」は新緑に覆われていました。

     

    語り手ゲスト 

    長倉智恵子さん:

    自然治癒力を高めサポートするサロン「シキ」主宰

    心と身体と魂に寄り添うお話をいただきました。

     

     

    語り手ゲスト

    宮本摩知さん:

    伊豆の国市にて衣食住の全てが地産地消であることを望み

    綿花を無農薬で栽培、布団、肌着、タオルなど身体を包む

    もの全てを手作りすることを目標に活動されています。

     

    八賀宏子さん:

    自身の子育てをきっかけに安心安全の綿、米、野菜を栽培

    子ども達にその大切さを伝えるため幼稚園、学校で綿しごと

    の実演と体験会を催されています。

     

     

    収穫した綿花と種を取り除いた綿

     

    綿花の中にある種を上手に取り除く実演

     

    綿繰り機(わたくりき)

     

    綿を紡ぐ

     

    綿(コットン)素材の優しさに心まで癒されました。

     

    清々しい天気の中、広い畳の間で皆さんと「綿」の素晴らしさに

    触れることが出来ました。

     

     

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM